人材育成

リーダーとマネージャーの違いとは。両者にこれから求められること

マネージャー

組織の中には、『リーダー』『マネージャー』という役割が存在します。両者には明らかな違いもあり、共通点もあります

リーダーもマネージャーも組織においてとても需要な役割を担っています。どちらの役割も、その素質がない人がなると個人も組織も大きな損害となります。

両者の違いを抑え、誰をリーダにするのか、自分であればどちらが適任か考えながら最後までお読みください

リーダーシップ研修
社会情勢だけではなく、世代間の価値観も変化しているので、何が正解なのか現場のリーダー達も困惑する場面があります。
そうした課題の解決や将来のリーダーとしての活躍を期待される人の育成のために実施される「リーダーシップ研修」を紹介します。

リーダーとは

まずはリーダーについての役割や特性を見ていきます。歴史上の有名な人物や今現在活躍されている人たちの多くが”リーダー”と称されています。

理想のリーダー像の調査では次のような結果が出ています。

1位 ソフトバンクグループ株式会社代表取締役会長兼社長 孫正義氏

2位 京セラ・KDDI創業者 稲盛和夫氏

3位 株式会社ファーストリテイリング代表取締役会長兼社長 柳井正氏

日本を代表する企業の創業者・代表であり、柔軟な思考と行動力を持ち、社員のやる気を引き出す、そんなイメージを持つ方々が選ばれています。

エン・ジャパンのデータ
参考:エン・ジャパン”転職コンサルタント100人に聞く!「いま求められるリーダー像」―『ミドルの転職』転職コンサルタントアンケート―”より

リーダーの役割

リーダーとは、組織の中で先頭に立ちメンバーが安心して進めるように方向性を示す人のことをいいます。

組織の目標を達成するために、確実に歩みを進めることが役割です。時には今までのやり方を打ち破り、新しい方法を示す革新的な要素を持ち合わせています。

リーダーシップ研修
社会情勢だけではなく、世代間の価値観も変化しているので、何が正解なのか現場のリーダー達も困惑する場面があります。
そうした課題の解決や将来のリーダーとしての活躍を期待される人の育成のために実施される「リーダーシップ研修」を紹介します。

リーダーに必要なスキル

課題を察知する能力

目標達成を阻む因子、課題、問題を適切に判断し、解決するための方法を示すことがリーダーには求められます。

予定通りに進まなない時に、状況に合わせて柔軟に軌道修正し、メンバーに安心と自信を与えることが必要です。

統率力

仕事には様々な人が関りを持ちます。

同じような考えや行動のパターンを持っている人だけが集まることは稀です。そのため人を選ばずまとめあげる能力が必要になります。

ひとりでも違う方向を向いてしまうと、目標を達成することが難しくなります。

カリスマ性

リーダーは人を惹きつけるカリスマ性が必要です。

持って生まれた資質と思われるかもしれませんが、人間力を上げることでカリスマ性を作り上げることができます。

この人についていこう!この人と一緒なら大丈夫!という思いを周囲に持ってもらうために信頼される人であることが大切です。

リーダー向きの人の特徴

リーダーに向いている人は次のような特徴を持っています。

・勉強熱心
・行動力がある
・辛抱強い
・失敗を恐れない
・好奇心がある
・端的な話し方ができる
・前向き

人を引っ張っていくためには、様々な分野の知識を持っている必要があります。もちろんチームメンバーから話を聞いたり、アイディアを出してもらうことはありますが、最終的に判断するのはリーダーです。

知識や経験がなければ判断もできませんので、勉強や好奇心は大切です。

マネージャーとは

次にマネージャーについてです。先程のリーダーの章のように「この人だ!」と思い浮かぶ有名人が居ないため、具体的に想像するのが難しいです。その理由は役割や特徴を知ると納得できます。

経営学者のP.F.ドラッカーは、組織におけるマネジメントとは次の3つの事をおこなうことだと言っています。

・仕事を通じて社会に貢献する
・人を生産的にする
・社会的責任を果たす

企業がこれらをおこなえるように、中心的な役割を担うのがマネージャーです。

参考サイト:drucker-studies.com”マネジメントの3つの役割

マネージャーの役割

マネージャーとは、秩序にのっとりながら組織のメンバーが個々の強みや能力を発揮できるようにサポートする人のことをいいます。

組織としてのミッションを、期限内に確実に終わらせるための管理をおこなうのが主な役割です。

マネージャーに必要なスキル

目標設定力

マネージャーはいわば総監督です。

全員で目標を共有できるようにしなければなりません。そして、全体の目標に到達するためにメンバー個々の目標設定のサポートもします。

人材育成

目標達成にはチームメンバーの総合力が不可欠です。

必要な人材を育てるとともに、それぞれの特性を把握し能力が発揮できる仕事を割り振ることもマネージャーの役割になります。適材適所を見極める目も必要です。

評価する力

プロジェクト終了後には、チームメンバー個々の努力や動き、結果などについて評価をします。そして組織全体の評価と合わせて、これまでの経過や結果について考察します。

これらは次のプロジェクトメンバーを構成するためにも必要で、戦略を立てる重要なプロセスなのです。

マネージャー向きの人の特徴

マネージャーに向いている人は次のような特徴を持っています。

・目標達成への執着心
・サポートに徹することができる
・視野が広い
・冷静である
・情報収集が得意
・教えることが好き

現場で実際に動くリーダーに対してマネージャーは指示を出す人です。そのため自分が率先して行動をするのではなく、後方支援できる人の方が向いています。

目標設定のために必要な情報収集も必要になるため、流行や世の中の動きに敏感であることが求められます。

これから求められること

時代の流れとともに両者に求められることは変わってきており、今後さらに必要とされるスキル、考え方があります。

センスメイキング

目の前で起こっている事象を察知し、状況を理解し、良い方向に進むために積極的な行動につなげることをセンスメイキングといいます。

決断を迫られた時に、冷静で客観的な解釈があることで、周囲は納得します。そして行動への意味づけをすることで、自信を持って1歩を踏み出すことができます。

想定外のことが次々と起こる現代で、これまでの経験だけでは判断できないことが出てきます。その時にいかに周囲を納得させられるか、そして自ら行動する気持ちになれるか、それを促すことが求められています。

多様性の受け入れ

年齢、性別、国籍、宗教、文化、キャリア、仕事、ライフスタイルなど、様々な違いを否定することなく、受け入れる柔軟性が求められます。

世界的に社会情勢が変化していく中で、既存の思考や文化、やり方に囚われていては取り残されてしまいます。時代に合わせた人や物を受け入れる積極性が、企業の今後を左右します。

コミュニケーション力

2020年は企業にとっても個人にとっても変化の大きい1年でした。

顔を合わせておこなうことが当たり前だった会議や打ち合わせ、営業までもがオンライン化を迫られました。

部下や社員の評価も、目の前で仕事している姿が見えない中でおこなわなければなりません。

同じ空間にいることで言葉以外から感じられることも、オンラインでは感じにくくなります。そのため、今後は今まで以上に丁寧な会話が大切になり、コミュニケーション力が試されてきます。

リーダーもマネージャーも目的は同じ

心強いリーダー
リーダーもマネージャーも、企業が目標をクリアするために行動する立場であることには変わりはありません。

同じ方向を見て協力し合うことで、さらに良い結果が得られます

良きリーダー、良きマネージャーを育てることはいつの時代も企業の大きな課題であり、するべきことなのです。

リーダーシップ研修
社会情勢だけではなく、世代間の価値観も変化しているので、何が正解なのか現場のリーダー達も困惑する場面があります。
そうした課題の解決や将来のリーダーとしての活躍を期待される人の育成のために実施される「リーダーシップ研修」を紹介します。

御社の目的や課題をヒアリングして、最適な研修をご紹介します!

「最短で導入したい」「予算を調整してほしい」貴社のご要望をお申し付け下さい。全国の研修会社から最適な研修プランをご提案いたします。

無料見積もり大歓迎