研修を探す

【管理職研修の考え方】管理職の能力を最大限に発揮するには

近年では働き方の多様化や若者の仕事に対する考え方、職種の広がりなどから、管理職に求められることが増えてきています。

そのため、これまで以上に管理職が抱える悩みが多くなり、管理職になりたくない、仕事に昇進を求めていないという人もいるほどです。

優秀な人材が管理職への転向をスムーズに行えるように、そして管理職としての任務を存分に果たしてもらえるようにサポートするのも企業の大切な役割です。
ここでは管理職が安心して働けるように必要な研修内容についてご紹介しています。

管理職が抱える悩み

管理職にはその立場になってみないとわからない悩みがあります。
誰もが経験する悩みかもしれませんが、共有できる人、理解してくれる人がいるだけで業務がスムーズに運ぶものです。
管理職が抱えやすい悩みを5つのポイントで解説致します。

業務量が増える

管理職になってまず感じるのは、現場の日常業務以外の仕事が多いということです。
プロジェクトや業務の進捗状況の把握はもちろんですが、業績アップの戦略を立てる、部下の教育、各種書類の作成など、多岐にわたります。

時には部下の相談役になることもあり、これまでは自分のことを中心に考えていればよかったのに、管理職になった瞬間、自分以外のことに時間を取られてしまいます。

勉強しなければいけないことも多いにも関わらず、働き方改革により残業もままならない状況で、仕事量だけが増えるため、ストレスに感じている管理職は多くいます。

責任とプレッシャーがある

各部署での責任は当然管理職にあります。
会社からの期待があり、部下からの要望もあり、いわゆる“板挟み”の状態です。

今までは同僚と飲みながらストレスを解消していたとしても、管理職になると本音を言える場が少なくなります。
責任感の強い人であれば、会社の立場と部下の気持ちの両方を解決しようとするため、ひとりで抱え、悩むことになってしまいます。

管理職は孤独を感じやすいと言われていますが、その理由も責任やプレッシャーが原因になることがあります。

人間関係

部下、他の管理職との関係性で悩む事例もあります。
コミュニケーションに苦手意識を持っていると、部下との関係性や距離感がわからなくなったり、他部署との連携が上手くいかないなどの課題が出てきます。

部下に思っていることが伝わらない、部下からの不満や要望をどう対処したら良いかわからない、他の管理職と比べられるなどの悩みが多くなっていきます。

思うように部下が成長しない

部下を指導、教育し育てるのも管理職の大切な役割です。
部下が育たないと思うような結果につながらず、業績を上げることもできません。

何人もいる部下の性格や特性を見極め指導することに限界を感じ、自信を無くしてしまう管理職もいます。
特に年齢が離れている部下とはジェネレーションギャップを感じ、考え方や行動の違いをどう理解して指導したら良いのかわからなくなってしまうことも多いでしょう。

プライベートとの両立が難しい

特に女性や子育て世代の管理職に多い悩みです。
女性は仕事をバリバリやりたい!でも結婚して家庭や子育てもしなければいけない状況の時、時間のやりくり、気持ちの切り替え等は大きな課題です。

さらに現代では男性も子育てに参加する風潮が起きていますので、プライベートとの両立は女性だけの悩みではなくなってきています。

管理職に必要なスキル

管理職に求められるスキルはたくさんありますが、特に不可欠なものは3つです。
それらのスキルに磨きをかけることで、部下からの信頼を得ることも、業務をスムーズに回すことも可能になります。
管理職になった瞬間から期待されるスキルですので、学んで身につける必要があります。

マネジメント力

管理職に求められるマネジメント力は、業務に必要な能力を総合的な能力です。

現状の把握、課題の抽出、業務計画策定と評価、部下の教育、仕事がしやすい環境を整えることが大切です。
これらのマネジメント力を上げることで、十分なリーダーシップを発揮することができるようになります。

また、管理職のマネジメントは部下や業務をまとめるだけではなく、セルフマネジメントも必要です。
自分自身の感情や行動のコントロールができないと、冷静な判断や分析ができないだけなく、孤独を感じやすくなります。
自分を守るためにもセルフマネジメントも身につけると良いでしょう。

コミュニケーション力

管理職に必要なコミュニケーション力は、会話能力ではなく、部下のやる気を起こさせるような働きかけ、説得力のある話し方、効果的に話を引き出す能力などです。

コミュニケーション力が身につくと、部下の教育や他部門や外部との交渉などがスムーズに進むことも多く、部署の評価アップ、自分の評価アップにつながります。

具体的にはアサーティブな会話術、コーチング、質問力などを磨きます。

業務遂行力

業務をおこなう上で必要な能力で、実務に近い立場の管理職に特に求められます。
自社製品の知識はもちろんですが、市場動向の調査や分析力などもこれに含まれます。
いかに商品を市場に出し、注目を浴びるかを戦力的に進める能力ですので、業績に直結します。

目先のことだけではなく、長期的な視点での考察やリスク管理も必要ですので、常に社会や経済の動きを推察することも大切です。
一長一短では身に付きにくいスキルのため、継続した研修での習得が求められます。

対象者にあった管理職研修が必要


管理職といっても、年齢や経験に差があります。
闇雲に研修をおこなっても効果が薄くなりますので、注意が必要です。
わかりやすく4つの対象に分けて解説します。

全管理職向け研修

どの年代の管理職でも共通の分野があります。
企業全体で共有するべき知識や業界全体の課題、日本経済の動向などについては、管理職全体での把握が必要です。

この数年、企業内におけるメンタルヘルス対策の必要性も叫ばれていますので、ラインケアについての内容も管理職全体で共有しておく必要があります。

また、管理職としてのスキルアップも全体に対しておこないます。
年齢、経験が違う管理職が一堂に集うことで、情報交換や相談がしやすく、コミュニケーションの場にもなります。

新任管理職向け研修

管理職になりたての人には、そもそも管理職とは?というところから確認していく必要があります。
新任の管理職は、ほんの数日前まで現場で働いていた人です。
現場目線の管理業務も必要ですが、一歩引いて俯瞰する能力も必要です。

管理職業務の基本、組織運営について、部下の教育育成についてなど、管理職としての自覚を促すような内容がメインになります。

中堅管理職研修

プロジェクトリーダーや係長・課長クラスの管理職をメインターゲットにした研修です。
この時期の管理職はプレイヤーである現場スタッフに一番近い存在ですから、部下の指導や教育に携わることが多くなります。
部下とのコミュニケーションや相談を受けた時の対応方法などに重点を置いた研修が必要です。

また中堅管理職には、まだまだ新しいことを理解し吸収する能力があります。
時代に合った商品やサービスの開発、新規事業の進め方についても知識を深めてもらうのも良い年代です。

上級管理職研修

部長クラスを対象にした研修では、より経営に近い内容になることが多いです。
企業の運営や組織全体のマネジメント、課長以下の管理職の育て方など、他の管理職に比べると、次期経営陣候補としての内容が盛り込まれます。

幅広い知識が必要となる立場ですので、これまでの経験で培ったものをさらに深く掘り下げる内容が求められます。

スーツを着た笑顔の女性
新入社員への企業説明は必須~企業への理解を深めてもらう4つの方法~企業理念、経営理念は経営陣だけが理解しているのではなく、社員全員で共有することが大切です。新入社員も社員の一員であることには変わりはありませんが、目の前のことに集中するあまり、企業全体のことまで気持ちが回らないという問題があります。そこで、新入社員にも企業を理解してもらうために効果的な4つの方法をご紹介します。...

失敗しない管理職研修の企画ポイント

毎年やっているから今年も開催するか・・・という感覚で研修を企画するのは危険です。
せっかく時間と予算をかけておこなっても、結果につながらない、やったという実績しかないということになってしまいます。
管理職研修を企画する際には、次のようなことをポイントに考えていきましょう。

現状と課題を把握する

研修の内容を検討するために、現状を把握し解決すべき課題を明確にします。
これがないと、なんとなくの内容になってしまい、参加した管理職の人たちの満足感も薄れてしまいます。

どうしても研修というと、やらされている感を持ってしまいます。
自分事として研修に臨んでもらうには、身近なテーマや業務に直結していることが大切です。

現状にあった内容ですと、すぐに実践してみたくなりますし、研修の効果もわかりやすく管理職のやる気にもつながります。

対象にあった研修内容にする

管理職研修は対象者に合わせた内容で企画すことが重要です。
新任の管理職に経営や利益の深い話をしてもピンとこないですし、上級管理職に管理職としての心得を伝えても、今更感が漂います。

ターゲットを絞り込むことで、研修テーマも決めやすくなりますし、より深い内容の研修が可能になります。

詰め込みすぎない

年に1~2回の研修ですと、あれもこれも学んでほしいという思いが強くなり、盛りだくさんの内容になってしまいがちです。
どんな優秀な管理職でも、短時間でいくつもの内容を深く理解するのは負担になります。

負担が大きいと研修に対して苦手意識を持ってしまい、研修と聞いただけで億劫になる可能性もあります。
2時間で1つのテーマくらいのボリュームにすると無理なく進めることができます。

興味を引く研修スタイルにする

ひと昔前の研修は、講師が話をして受講者は聞くという、講演スタイルが多かったのですが、最近は違います。
講義とワークを上手く組み合わせる、ロールプレイイング形式で模擬体験をするというように、参加者がより実践的に学ぶことができます。
参加者が興味を持って参加できるスタイルの研修を企画するのが、成功する管理職研修のポイントです。

優しい笑顔で部下の相談に乗る上司
自己評価が低い人の特徴と効果が高い5つのフォロー方法自己評価が低い人は謙虚に見えるかもしれませんが、仕事をする上ではマイナスになってしまうことがあります。自己評価が低い人には効果的な接し方を続けることで自信を持ち、生き生きと働いてくれるようになります。この記事では5つの接し方をご紹介しますので、ぜひ参考になさってください。...

管理職の育成は企業の未来を左右する


管理職は企業の成長と人材の成長を左右する大切な役割です。
管理職になると負担や責任が大きくなり、大変さだけがクローズアップされ、若い人たちの中には管理職にならなくてよい、昇進に興味がないという意見もあります。

管理職として能力を最大限に発揮し、活躍してもらうためにも、研修を通して支援する必要があります。
対象やテーマを絞って、実践的で現実的な内容の研修をおこなうことで有意義な時間となります。

といっても、研修を企画・運営するのはとても大変です。
この大変な部分をすべて担い、研修をスムーズにおこなえるようサポートしてくれるのが研修の企画会社です。企画会社に相談することも、管理職研修を成功させる秘訣のひとつといえます。

KeySessionメールマガジン