研修を探す

ビジネスマナー研修で好印象の社員育成【正しい知識を身につける】

社会人になって、仕事を覚えるのは当たり前ですが、マナーを学ぶこともとても大切です。

新入社員だけではなく、経験を積んだ社会人の中にも、自分のマナーが正しいか不安と感じている人も多いのではないでしょうか。

恥ずかしい思いをしないためにも、正しい知識を身につける必要があります。

ここでは、一般的なビジネスマナー研修で学べる『知っていて当然』のビジネスマナーについて解説していきます。

ビジネスマナー研修の必要性


仕事をするのに必要なのは仕事に対する知識や技術、経験だけではありません。

人対人で仕事は成り立っていますので、気持ち良く仕事をするための気遣いは必要です。ビジネスマナーを学び実践することで、どのようなメリットがあるのでしょうか。

好感度アップ

どんなに仕事ができる人でも、言葉使いや身だしなみが良くなかったり、相手に不快感を与えるような言動をしていると、まとまる仕事もまとまりません。

マナーが良い人は第一印象も良くなりますし、「また会いたい」という思いを抱かせます。同じ仕事をするのであれば、気持ち良く仕事をしたいと思うものです。

マナーは相手のためにあるものですので、マナーの良い人は相手への思いやりや優しさが感じられます。

理論がわかる

ビジネスマナーを本や学生時代に習った人も多いかもしれませんが、教科書や本の中だけではわかりにくい本質の部分や理論も研修では学ぶことができます。

マナーの意味を知ることで納得感も出てきますので、理解しやすくなります。

マナーの見直しができる

マナーは普遍的なものではありません。時代と共に変化するものもあります

少し前までは、仕事の連絡をメールだけで済ますのはマナー違反と言われていましたが、今は当たり前になってきています。

定期的にマナー研修を受けることで、新しいマナーが学べ知識の見直しができます。

身だしなみのマナー

ビジネスマナーにはいくつもの内容がありますが、最初に身につけたいのが身だしなみについてです。

服装や髪形など、第一印象に関わる部分ですので、特に気を使いたいものです。

服装や髪形

ビジネスマンの服装はスーツが多いため、あまり服装は気にしたことがない人もいるのではないでしょうか。

スーツだとしてもスーツ以外の服装だとしても、ビジネスシーンに沿ったものである必要があります。

髪形も同じですね。流行りを取り入れるのもお洒落で良いですが、失礼にならない加減をしることが大切です。

スタイルや色選びなど、自分にあったものを身につける、清潔感を与える服装のポイントなどを知っていると印象アップにつながります。

表情と話し方

どんなに外見が良くても、表情が険しかったり、話し方が悪いと印象は下がってしまいます。

話しやすい雰囲気を作るための表情や話し方をマスターすることは、良いコミュニケーションにつながります。

姿勢

学ぶ機会がないマナーのひとつに、姿勢があります。

立ち方、座り方にも美しさがあります。品のある姿勢はそれだけで清潔感と好印象を与えます。

もうひとつ、お辞儀の仕方もマスターできると良いでしょう。お辞儀といっても会釈程度のものから、謝罪のお辞儀まで様々ですので、違いを知っていると負いですね。

言葉使いのマナー

クレームにもなりかねないのが、言葉使いです。

相手や場面に合った言葉使いができることは、ビジネスマンとして当然のことです。

敬語

苦手意識を持っている人が多い敬語ですが、自分に尊敬語を使ってしまったり、相手を立てるところで間違った敬語を使うことほど恥ずかしい事はありません。

尊敬語、謙譲語、丁寧語の使い分けはできるようにしておくと良いですね。

ビジネス用語

日常会話では使わないけれど、仕事では当たり前のように使う言葉は数多くあります。

新入社員は特にビジネス用語を知らないと、会議や打ち合わせに行っても、何を話しているのか全くわからないということになりますので、しっかりと学んでおきたいものです。

会話術

社内でも対外的にも、適切な会話をおこなう必要があります。

仕事だからと言って、仕事の話ばかりでは堅苦しくなり、相手との距離が縮まりにくく、仕事もしにくくなってしまいます。

かといって、プライベートな話や自分の話ばかりでは相手は退屈してしまいます。

適度な雑談ができるような会話術や、話を広げるスキルを身につけるのも必要です。

【ホテル研修】私が5ツ星ホテル在籍中に受講した5つの学びホテルには世界中から、国籍、性別、年齢を問わずたくさんのお客様が訪れます。 すべてのお客様へ最高のホスピタリティを提供するには、その基...

電話・メールのマナー

連絡手段で多いのは電話ですよね。最近はメールでのやり取りも増えていますが、相手の表情が見えない分、より丁寧に対応する必要があります。

電話対応

電話の取り方、会社名や部署、名前の伝え方はもちろんですが、話すスピードや声のトーンも気をつけなくてはなりません。

思っているよりも相手には聞き取りにくいこともありますので、自分の話し方の特徴を知って、より伝わりやすい対応方法を身につけるのがお勧めです。

メール対応

ビジネスメールでは、文章能力も試されます。

特に話し言葉を使わない文章の書き方ができない人も多くいます。わかりやすく端的に伝える文章を作ることを覚えると、メールでのやり取りもスムーズになります。

SNSの使い方

近年増えているのが、SNSを使った連絡です。

対外的よりも、社内での連絡に活用している企業も多いでしょう。社内だとしてもマナーは必要です。

失礼にならないSNSの使い方をマスターすることも、今のビジネスマンには求められる能力です。

接客マナー

ビジネスマナーと聞いて、接客を想像する人も多いのではないでしょうか。

やはり直接お客様や取引先とのやり取りは、緊張感があります。思っている以上に相手はこちらを見ています。

スマートなビジネスマナーで信頼を勝ち取りましょう。

名刺交換

初めてお会いした時には、必ず名刺交換をしますよね。

名刺の出し方、受け取り方、受け取った後の行動など、知らないと恥ずかしい思いをします。

名刺入れにもこだわって、個性を出してみるのも会話のきっかけにもなるので、スマートな名刺交換の仕方を覚えて、印象に残る工夫をしてみるのも良いですよ。

ビジネスシーンでの座席

意外と知らないのが、席順です。

食事会、車の相乗りなどで、上座と下座を理解し自分がどの位置に座るのが良いのかを瞬時に判断することも大切です。

接待にも関わらず、自分が上座に座ってしまうという失態をしないためにも、ぜひ学んでおきましょう。

訪問マナー

お客様や取引先に訪問することもありますよね。

アポの取り方、訪問時間の決め方、ノックの仕方、挨拶、座り方などなど、知っておくべきポイントは多数あります。

靴の脱ぎ方やコート着脱のタイミングなどもマスターすると、さらに良い印象を与えることができます。

ホスピタリティマインドであなたの人生が変わる接客業やサービス業では真心を込めたおもてなしが求められます。お客様がお求めになる前にご要望を察知して、スマートにご提供できるように行動することが大切です。本記事ではhospitalityについて実例を交えながら解説します。ホスピタリティマインドを体得することは、仕事はもちろん、今後の貴方の人生の質をも高めてくれます。...

ビジネスマナーは新入社員だけのもの?


ビジネスマナーを学ぶ必要性や内容を見ていると、新入社員が受ける印象があるかもしれませんね。

実際はそうではありません。新入社員はもちろんですが、中堅社員、管理職についてもマナー研修は有効です。

新入社員のビジネスマナー研修

新入社員を対象にする場合は、学生時代の当たり前と社会人の当たり前が違うというところから入る必要があります。

基本のビジネスマナーを身につけるには、短時間では難しいものがあります。1日かけてじっくり学んでもらうと想定すると良いですね。

特に言葉使いやSNSでの連絡は、学生時代と同じようにしていては、失礼になります。正しい使い方をマスターすべくカリキュラムを組む必要があります。

何もかもが初めてのことですから、理論だけではなっくロールプレイングやワークを通して、実践につなげやすい内容がお勧めです。

中堅社員のビジネスマナー研修

若手社員は、中堅社員の立ち居振る舞いを見て学びます。ですからきちんとしたビジネスマナーを知っていないと、若手社員にマナーが身につかないということになります。

また、ビジネスマナー研修を受けないまま年齢を重ねると、自己流だったり、時代遅れのマナーを持ち続けている可能性もあります。

マナーを勉強したことのある人でも、使わなければ忘れてしまうものです。知識の振り返りのためにも、中堅社員も研修を受ける必要があります。

管理職のビジネスマナー研修

管理職は社会人としての経験が豊富で、今更ビジネスマナーなんて学ばなくても大丈夫と考えがちです。

管理職は社員の育成を担っていますので、業務の進め方だけではなく、顧客対応なども指導する必要があります

そのため、管理職もビジネスマナー研修を受けて、新しいマナースキルを持たなくてはなりません。

自分のためでもありますが、社員育成のために学ぶという意味合いが大きいですね。

外国人社員向けビジネスマナー研修

外国人の社員がいる場合は、日本のビジネスマナーを学んでもらう必要があります。

母国のマナーが日本でも通用するとは限りません。

文化の違い、価値観の違い、仕事を取り巻く環境の違いなど、日本の特徴を知ってもらうところから始めることが必要ですので、時間をかけてゆっくりと進めていくことがポイントです。

最初から細かく理論だけを提供しても、モチベーションが上がらず、働くことに不安を感じてしまう可能性があります。

グループワークなどで、楽しくみんなで学ぶ雰囲気があると良いですね。

研修だけでマスターするのが難しいと思いますので、上司や同僚との協力体制も整えておくと安心です。

業界独自のビジネスマナー研修

業種が変わればマナーにも違いが出てきます。

中途採用が多い企業や他業種からの転職が多い企業では、中途採用者を対象にした業界独自のビジネスマナー研修が必要です。

「前職ではこうだったのに」「この会社のマナーはおかしい」という戸惑いが起こらないように、独自のマナーを知ってもらうことが大切です。

せっかく良い人材を採用しても、マナーへの考え方の相違で逃してしまうのは残念過ぎますよね。

接遇研修でお客様の満足度を上げる一流のおもてなし力を手に入れる社員研修に接遇マナーを取り入れている企業が増えています。接遇はすべての業種で必要なスキルです。身につけることで良い効果がたくさんあり、企業の印象アップや業績アップにつながります。ここでは、接遇研修を受けるメリットや研修企画のポイントについて解説しています。必要性を理解して、ぜひ研修メニューに取り入れてみてください。...

ビジネスマナー研修で好印象の社員育成

ビジネスマナー研修は、良い人間関係を作り、良い仕事をするために大切な知識です。

新入社員だけではなく、どの年代の社員にも必要で定期的に知識の見直しを必要とします。

ビジネスマナーの範囲は広く、社内ですべてをおこなうのは難しいですね。講師を育てるだけでも大変な時間がかかります。

研修を企画運営してくれる会社に任せることで、プロの講師が効果の高い研修を実現してくれます。担当者だけで悩まずに、まずは相談をしてみると良いですよ。

KeySessionメールマガジン